«

7月 20

コンビ肌着を着させよう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

新生児に着させる服は、体の成長とともにコロコロと変わっていきます。新生児から3ヶ月くらいまでは短肌着と長肌着で済ませられますが、それ以降はコンビ肌着を着させます。コンビ肌着はもともと生後3ヶ月頃からのデザインで作られている事が多く、主なサイズは50から70のものがよくみられます。赤ちゃんの体の成長には個人差がありますので、一概にいつまで使っていけるかということには断言できませんが、窮屈になってしまうまで、あるいは歩き始めるくらいの年齢まで着させるという方がいるようです。

そうすると、長い時でコンビ肌着は7ヶ月近く着させる事もあるという事になります。短いようで長い期間となりますので、デザイン性を求めても良い頃でしょう。短肌着や長肌着の頃ですと、それほどデザイン性に凝ったものはあまり多くみられませんが、コンビ肌着くらいになると、可愛らしいベビー服が多くみられます。

室内で着るときように価格が休めのものと、ちょっとしたお散歩に行くときのために、オシャレなコンビ肌着を買っておいても良いかもしれません。ただ、あくまでコンビ肌着は消耗品でありますので、デザイン性はおまけ程度に考えて、最優先は赤ちゃんの着心地を考えてあげましょう。